フェス イベント

岸和田だんじり祭2019観覧席や穴場は?交通規制や通行止めも調査!

投稿日:

こんにちは。サトパパです。

9/14(土)、9/15(日)は大阪岸和田のだんじり祭ですね!

この二日間で約60万人の方が見にくる大規模な祭典となります。

そのため、交通規制や観覧場所なども気になるところ。

そこで今回は、

  • 岸和田だんじり祭2019の観覧場所や穴場スポットは?
  • 岸和田だんじり祭2019の交通規制や渋滞に通行止め情報

と書いていこうと思います。

岸和田だんじり祭2019の観覧場所や穴場スポットは?

たくさんの方が来場する祭りですし、日本のだんじり祭でも一番の賑わいがある伝統行事。

だんじりの数も非常に多く、その町ごとの特性を観覧するのも楽しみの一つですよね。

しかし、毎年事故が起きているのも事実で、安全な場所で観覧するというのも大事になってきます。

ですので、人気があり、安全なスポットを紹介していきますね!

カンカン場(大阪臨海線岸和田港交差点)

看貫場住所:大阪府岸和田市大北町1−3

岸和田だんじり祭りで一番有名な観覧スポットかなと。

毎年混雑もしますが、大迫力のやりまわしが見られる場所の一つです。

有料観覧席は昨年に引き続き、設置はないそうです。

ただし将来的には再び有料観覧席が設置される可能性もあるそうです。

小門(こかど)・貝源(かいげん)の交差点

非常に道が細く狭い、より近くで迫力あるやりまわしが見られるスポットです。

カンカン場から直進し、左向きのやりまわしが「小門」、右向きのやりまわしが「貝源」となります。

やりまわしの難所といわれるこの交差点付近は、危険が伴うため規制がされ見物は困難ですが、非常に人気のため混雑します

私はこちらがおすすめですが、見る際は気をつけてくださいね!

武部仏壇店の交差点

多方向からやりまわしが観覧できる場所です。

特に横町方面から右折するやりまわしは大迫力!

この交差点まで屋台が並んでいますので、お祭り気分も味わえる場所で、地元の方々に人気のスポットです。

交差点の角の仏像が目印です。

こなから坂(岸和田市役所前)

岸城神社に宮入りする15町のだんじりが必ず通る場所になります。

岸和田だんじり祭の見どころのひとつ、岸和田城に向かう坂を一気に駆け上がってくる姿を見ることができます。

こちらは見る価値ありです!

そして坂の上では、駆け上がったそのままの勢いで一気にやりまわしを行います。

各15町にとっては一年に一度の勝負所といわれ、多くの見物客のみならずテレビ局のカメラで賑わう名所となります。

岸和田だんじり祭2019の交通規制や渋滞に通行止め情報

こちらは2019年の交通規制マップとなります。

規制日規制時間
【試験曳き】9/8(日)・9/13(金)13:00~16:30
【宵宮】9/14(土)5:15~23:00
【本宮】9/15(日)8:00~23:00

岸和田だんじり祭り期間中の9/13(金)~9/15(日)は、会場周辺は広い範囲で交通規制が行われます。

1日中、交通規制されていますね。

岸和田地区と、春木地区で合わせて南北に3.5㎞、東西1㎞に渡る国内最大規模の交通規制です。

お車でその方面にいかれる予定の方は、交通渋滞に巻き込まれないよう規制時間と規制場所を確認しておきましょう。

できる限り規制エリアには近づかないようほうが無難ですよ。

まとめ

今回は岸和田だんじり祭2019について書いてきました。

観覧できる場所は上記以外にもたくさんありますが、人気エリアを紹介しました。

交通渋滞もすごいので、観覧もしくは、その方面を通行される際は巻き込まれないように迂回路などを使いましょう。

絶好の場所で見れるといいですね!



-フェス イベント
-,

Copyright© 子供に尽くしすぎて毎月お小遣いが底をつく3児の父親のブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.