フェス イベント

フジロック2019の交通渋滞とおすすめの交通手段!大阪からの交通費と安い行き方も調査!

更新日:

こんにちは。

サトパパです。

フジロックはめちゃめちゃ大きい日本最大級の野外フェスとして海外からも注目があります。

しかし、場所によっては行くまでの時間がすごくかかりますよね。

私も音楽はすごく好きでフジロック経験もありますが、大阪からの移動に疲れました(笑)

そこで今回は、2019フジロックの交通関係を記事にしていきます。

  • 大阪から2019フジロックまでの交通渋滞や移動時間
  • 大阪からフジロック2019までのおすすめの交通手段と安い交通費比較

について書いていきたいと思います。

ぜひ参考にしてくださいね。

大阪からフジロック2019までの交通渋滞や移動時間

フジロック2019のアーティストが徐々に発表されていきましたねー!

私の大好きなELLEGARDENも出演発表があり、テンション上がっています!

しかし、気になるのが移動距離や渋滞に関してです。

もし、一人で大阪から車でいこうと思っていたら、あまりおすすめはできません。

以前私がいったの詳細です。

移動時間:普通に7時間以上はかかる、

交通費:高速往復代約17000円+ガソリン代(車種による)往復約15000円

運転は友人と交代しながらでしたが、長かった。

一人でいくと考えると恐ろしいです。

そして、渋滞は避けてはとおれないです。

出発はまだいいんです。

夜中や朝早くに出発とかできますから。

それでも高速までは混みましたね。

問題は帰り!!

どの日程で、どの時間に帰るかにもよりますが、みんなが一斉に帰る時間は避けないと、渋滞でかなりの時間がかかります。

私は以前、レディオヘッドが参加した時に最後まで見ましたが、まずゲートを出るまでに1時間はかかりました!

スケジュールに余裕があるなら、もう1日泊まることも良いですが、仕事もあるし、それは難しいですよね。

時間がある方は、もう1泊するようですが。

あと、フェスで疲れた後の長時間運転は本当に辛いので、1人でいく方は覚悟して挑みましょう!(笑)

あと車以外の交通機関では新幹線や飛行機があります。

そちらは下記で説明しますね!

大阪からフジロック2019にいくまでのおすすめの交通手段と安い交通費比較

ここからは大阪からフジロックにいくまでのおすすめの交通手段です。

2019のフジロックも新潟県湯沢町の苗場スキー場で行われます。

車は先程説明したので、交通機関で考えてみましょう!

新大阪から越後湯沢まで電車でいく場合

電車でいく場合、「越後湯沢駅」までいきます!

新大阪からの経路と費用を出してみました!

・最も早いルート

出発時間、到着時間、曜日で時間は変わりますが、大体4時間ぐらい!

でも、費用は19500円!片道!

往復を考えると高すぎますね!

次に最安費用です。

・最安費用でいく場合

こちらは最安値の13540円

かなり安くなりましたが、往復でまだ高いし、時間がかかりすぎますね。

電車は楽チンというメリットがあり、時間と費用に余裕がある方は電車でいく方法もありです!

ツアーでいく場合

ツアーでいく方法もあります!

ツアーはフジロックのオフィシャルサイトから予約可能で、日程、宿泊先を選んで検索できます。

何日いくか、どの宿泊先にするかで費用もかわりますが、とりあえずは3日間参加すると考えて選びました!

新大阪からバスで苗場までいくので、長時間バスに乗ります。

こちらも時間、費用に余裕がある方になりますね。

費用面では宿泊先でも大幅に変わりますが、自身で色々決めるのが面倒という方にはおすすめです!

費用には大幅に差がありますので、プランはオフィシャルサイトで色々検索してみてくださいね。

バス+テントプランを使う

色々検索した中で最も安い交通費でいくなら、夜行バスとテントのプラン!

夜行バスでいき、会場でテントを張り宿泊!

こちらもオフィシャルサイトで予約することができます。

往復バスなので、費用はかなり抑えられますね。

時間はかかりますが、費用面、体力面を考えると私はこの方法を選びます!

しかし、ここからチケット代、飲食代と考えると10万円かかるかと思うと、すごいフェスですよね。

まとめ

今回はフジロック2019の交通関連について書いていきました!

まず、車でいくには交通費、宿泊代は安く済むけど、長時間運転なのでライブで体力がなくなってからの帰りがかなりきつい!

一方で、新幹線は楽チンだけど費用面もかかる!

ということで、私がおすすめするのはオフィシャルサイトでバス+テントプランでいく方法です。

オフィシャルなので、安心ですし、時間はかかるけど費用面も安い。

参加する日程がわかれば、予約するだけで大丈夫なので、簡単ですよね。

あとは楽しむだけです!



-フェス イベント
-, ,

Copyright© 子供に尽くしすぎて毎月お小遣いが底をつく3児の父親のブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.