速報

関東火球(火の玉)の落下場所はどこ?ツイッター動画から流れ星やミサイルの可能性も調査!

投稿日:

こんにちは。サトパパです。

2020年7月2日の午前2時半ごろ、たくさんの方が関東上空で大きな火の玉を目撃したとネット上で話題となっています。

爆発音もあり、落下場所も気になりますね。

そこでこの記事では、

  • 関東上空で見られた火の玉の動画
  • 関東火球の落下場所はどこ?
  • 関東火球がミサイルの可能性は?

と書いていこうと思います。

関東上空で見られた火の玉の動画

まずツイッター上で話題となっているこちらの動画を見てください。

いや、まじで何だこれ?!ってなりますね。

かなり大きいですし、一瞬UFOかなと思うぐらいの不思議な閃光です。

最後消える瞬間に火花のようなものが見えるので、ここで爆発したのだと考えられます。

専門家の方は以下のように言われています。

平塚市博物館(神奈川県)の藤井大地学芸員によると、火球は西から東へ移動し、満月よりも明るく感じたという。爆発音は衝撃波と考えられ、藤井氏は「非常に大きな流星の粒とみられ、地上に達して隕石(いんせき)になった可能性もある」と指摘した。

https://news.headlines.auone.jp/stories/domestic/social/13508537?genreid=4 より引用

また、国立天文台によると、流れ星でも今回のように大きくて、特に明るいのを「火球」と呼ぶんだそうです。

どこに落ちたのかも調べてみました。

関東火球の落下場所はどこ?

関東圏ではかなりの目撃情報があり、中にはこんな方もいました。

目撃情報は東京や神奈川で多かったようで、次の動画撮影者さんは神奈川平塚市で撮影されているようです。

すごく人口密度の高い関東圏に落下したとなると、被害も心配ですが、今のところ被害報告はないですね。

現状は軌道解析をし、落下場所を推測しているようです。

2日未明に関東上空で目撃された巨大な流れ星(火球)は、直径50センチほどの隕石(いんせき)だった可能性があることが明るさの解析などからわかった。燃え残った破片が地上に落下した可能性もあり、アマチュア天文家でつくる日本流星研究会が軌道の解析を急いでいる

dmenuニュースより引用

人類の新たな発見になる可能性もありますし、ぜひ見つけてほしいですね!

関東火球がミサイルの可能性は?

これ、ミサイルとかの可能性も初めは心配になりました。

まあでもミサイルであれば、ここまで達する前に追撃されるでしょうし、消えたところを見ると、その可能性は薄いです。

ただ、気になるのがこちらの投稿動画!!

https://twitter.com/NETNODAIDANCHOU/status/1278532267514556417?s=19

下の動画なのですが、確かに何か動いているようにも見える。。。

火球の閃光が雲に反射して見えてるのかもしれませんが、詳細はわかっていません。

まだまだ未知なことが多いですね。

とにかく被害がなくて良かった。

まとめ

今回は2020年7月2日午前2:30分頃に関東上空から落下してきた火球について調べてきました。

7/2時点で落下場所は特定されていませんが、神奈川県平塚市で大きく見える動画を撮影されている方がいることから、

平塚付近に落下している可能性は高いです。

また、軌道については専門家が解析中で、軌道がわかれば落下地点もある程度わかるかもしれませんね。

ミサイルの可能性はほぼないので、そこは安心できますし、被害がまだ出てなくて良かったです。

また最新情報入り次第、追記していきますね!



-速報
-,

Copyright© 子供に尽くしすぎて毎月お小遣いが底をつく3児の父親のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.