速報

京都鴨川の赤い水のライブカメラ映像!原因(流出元)や有害なのか調査!

投稿日:

こんにちは。サトパパです。

2021年1月7日に京都の鴨川で謎の赤い液体が流れこんで、真っ赤になっていると速報がありました。

京都では、あまりこういったことを聞かないので、気になりますね。

そこで、この記事ではライブカメラの映像や原因や有害なのか調査してみました。

  • 京都鴨川の赤い液体ライブカメラ映像
  • 京都鴨川の真っ赤な液体の流出元や原因は?

と書いていきます。

京都鴨川の赤い液体ライブカメラ映像

かなりニュースで取り上げられていて、確かに真っ赤ですね。

予想していた以上に赤いです。

こちらは画像ですが、すごい色ですね。

ちなみに通常の鴨川はこのように綺麗な川になります。

ここまで川が鮮明な赤色になったのは見たことないので原因も気になりますね。

京都鴨川の真っ赤な液体の流出元や原因は?

気になる原因や流出元を調べてみましたが、1/6時点ではまだ判明していません。

たた、赤くなっている場所は、

「京都市南区河原町十条にある勧進橋付近」

のようです。

塗料のような化学物質なら異臭もあるはずですが、臭いはないようなので、有害なものではないのかなと。

生物の可能性もある?

よくある原因としては、プランクトン、ユーグレナ、ミドリムシの大量発生です。

ユーグレナは鞭毛運動するので動物的でありながら、葉緑体を持ち光合成を行うため植物的でもある面白い微生物です。葉緑素という緑の色素とヘマトクロームという赤い色素をもち、細胞内の色素の分布によって鮮やかな赤色になったり、緑色を帯びたりします。水面に赤い膜を生じさせることもあるので、アカマクミドリムシとも呼ばれます。河川の着色はこの微生物が原因となることもあるのです。

引用元:埼玉県環境科学国際センター

今回の鴨川についてはまだ水質調査中なので、分かっていませんが、何事もないことを願います。

まとめ

今回は京都鴨川が謎の赤い液体に染められている原因や映像を調査してきました。

予想以上に赤く染まっており、気になりますね。

異臭や魚に異常はないようなので、有害な可能性は低いですが、水質調査を待ちましょう!

また最新情報入り次第に更新していきますね!



-速報
-, ,

Copyright© 子供に尽くしすぎて毎月お小遣いが底をつく3児の父親のブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.