おもちゃ

しまじろうの英語教材は幼児には意味がない?実際に使ってみて効果があるのかレビューしてみた

更新日:

こんにちは。

英語を幼少期から勉強したかったと後悔しているサトパパです。

我が家では、子供にしまじろうの英語教材をやらせています。

ただ一番初めは、

「幼児にしまじろうの英語教材をやらせたところで意味はあるのだろうか・・・。」

なんて思っていたのも事実です。

ですので、実際にやらせた効果や子供の反応を知りたい方は多いのではないかと思いました。

そこで今回は

・しまじろうの英語教材は意味があるのか?と思っていた過去

・しまじろうの英語教材の効果をレビュー!2年使っている我が子への変化について

・まとめ

を書いていきたいと思います。

 

実際にしまじろうの英語教材を使っている我が子の変化についてもお伝えしていきますので、ぜひご参考にしてみてください!

しまじろうの英語教材は意味があるのか?と思っていた過去

私の子供は産まれてすぐにしまじろうの英語教材に入会し、聞かせていました。

そんな赤ちゃんに意味あるのって思いますよね?

私も幼少期から習わせてあげたいとは考えていましたが、まさか赤ちゃんからとは考えていなかったので、始めは妻に

「それ、意味あるん?」

「早くても小学生入る前でいいんちゃう。」

など言ってしまい妻の逆鱗に触れたことがあります(笑)

妻には、「0歳の赤ちゃんの時期から英語を聞かせてあげることで子供が成長期に英語に触れる際、自然と聞き取れる耳に育つから学ばせてあげたい。」と言われ、

その時はしぶしぶ承諾しました。

 

しかし、2歳になった子供を見て、その違いが日常でも分かるようになってきて納得。

その効果と我が子の変化について、ご紹介していきます。

しまじろうの英語教材の効果をレビュー!2年使っている我が子の変化について

しまじろうの英語教材を2年している我が子の英語能力はすごく高くなっています。

もちろんまだ日本語もおぼつかない年齢ではありますが、英語でこんな言葉を言えます。

・リンゴのことは「アッポー」

・きゅうりのことは「キューカンヴァー」

・じゃがいものことは「ポティートォ」

・三角形のことは「トライアンゴォー」

・長方形のことは「レクタンゴォ」

・円のことは「サーコォ」

・月のことは「ムーン」

・太陽のことは「サン」

と日常でいうのです。

初めて聞いた時はそれはそれは驚きましたね。

発音がとにかく良いんです!

数字も10まで英語で言えますし、日常会話で使う英語が、教材やおもちゃにふんだんに盛り込まれています。

私の子供が好きなしまじろうの英語教材のオモチャのベスト5です。

  

しまじろうの英語教材の毎月届くオモチャも子供の感性を刺激するオモチャばかりなので楽しみながら学べるんですね。

特にこれなんかは男の子でも女の子でも大喜びになるオモチャです。

こちらは「はてなんだくん」というおもちゃですが、写真ではレジとくっついてます。

これはスーパーのレジで商品を読み取るバーコードのような機能があり、色々なものをピッとできるので、非常に気にいっています。

 

DVD も毎月届きます。

家で見るのはもちろんですが、私はよく車内で活用していますね。

車内で家族みんなが英語で歌う!

というのがお出かけの定番となっています。

私は残念ながら英語は少ししかわからないのですが、2歳の子供はよく理解しており、すでに英語能力は私より高いのではと思います(笑)

やはり、毎日英語に触れることができる環境は素晴らしいと実感しました。

まとめ

今回、しまじろうの英語教材は幼児には意味がないのか?

ということを書いてきました。

英語教材は色々ありますが、しまじろうの英語教材は遊びながら学び、しまじろうの物語も子供はすごく好きで喜んでくれるので、幼児からこそ学ぶ、聞く必要があるのだと今は確信しています。

妻に言われたあの日に承諾しておいて本当に良かったーと心底思いますね。

一生後悔するところでした。

子供が英語にもっと関わって未来の道を少しでも選択できるように、まだまだ続けさせていきます。

少しでも参考になれば嬉しいです。

それでは、また。



-おもちゃ

Copyright© 子供に尽くしすぎて毎月お小遣いが底をつく3児の父親のブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.