新型肺炎コロナウイルス関連

n95マスクはどこで売ってる?コロナウイルス飛沫感染への効果や息苦しいのか調査!

更新日:

こんにちは。サトパパです。

コロナウイルスが日本にも上陸し、ドラッグストアでマスクが売り切れる事態が全国各地で行っています。

その中でもn95というマスクがよく検索もされているのですが、どこで買えるのでしょうか?

そこでこの記事では、

  • n95マスクとは?
  • n95マスクはコロナウイルスの飛沫感染対策に効果ある?
  • n95マスクはどこで売っている?

と書いていこうと思います。

【関連記事】

n95マスクとは?

最近になってこのマスクの存在を知った方もいらっしゃると思います。

「どういうマスクなん?!」

と思いますよね???

こういったマスクです↓

 



N95マスク(Particulate Respirator Type N95)とは、アメリカ合衆国労働安全衛生研究所(NIOSH)のN95規格をクリアし、認可された微粒子用マスクのこと。

つまりすごい研究所、厳しい規格をクリアした微粒子をカットするマスクです。

よく医療関係者がつけているマスクですね!

じゃあ、その微粒子はどのぐらいまでカットできりのか、効果はどうなのか?ってとこです。

n95マスク(防塵マスク)はコロナウイルスの飛沫感染対策に効果ある?

一般的にコンビニやドラッグストアで売られているマスクは「サージカルマスク」と言われています。

サージカルマスクの場合は、ウイルスの感染対策ではなく、自分のウイルスを他人にうつさないという目的で作られたマスクようですね。

「サージカルマスク」は、外科用のマスクという意味で、本来、手術の時などに医師の口から唾液や雑菌などが患者の手術部位に付着しないように開発されたマスクを指します。ウイルスなどの「吸入」を防ぐためのものではありません。 

https://www.3mcompany.jp/3M/ja_JP/worker-health-safety-jp/safety-equipment/respiratory-protection-program/より引用

そして、n95規格のマスクは、

空気感染を起こす病原菌は、0.5μm以下の飛沫核となり空気中を浮遊します。
N95マスクは、最も捕集しにくいと言われる0.3μmの微粒子を95%以上捕集できることが確認されているマスクです。

3Mより引用

つまり、普通のマスクでは除去できない微粒子もカットできるマスクなんですね。

ただ・・・。このマスクをしているからといって、完璧にはコロナウイルスの空気感染を防ぎきれません。

もちろん買えるマスクの中では一番の対策にはなると思いますが、できる対策は「手洗い・うがい」などの日々の対策になります。

n95マスクは息が苦しい?

やはり感染を防ぐ目的で作られたマスクなので、ピッタリ張り付きますし、息はしづらいのはありますね。

長時間は厳しいので、感染地域にいく時だけでも利用はしたいですね!

n95マスクはどこで売っている?

そうなんです。

一般的なドラッグストアなどでは販売されておらず、ネットなので高額で販売されています!

2万円は高すぎますが、先ほど載せたタイプだと、もっと安価で購入できますよ!

アメリカでn95規格を通過しているマスクで、値段も他のと比べると、まだ安価になります。

 マスクの需要がすごくあがっているので、売り切れている可能性もありますが、売り切れていなければ、早めに買っておいて損はないでしょう!

まとめ

今回は、コロナウイルス対策として注目されているマスク「n95」について書いてきました。

n95は普通のマスクとは違い、最も捕集しにくいと言われる0.3μmの微粒子を95%以上捕集できることが確認されているマスクです。

普通のマスクよりは、ウイルス対策になり、使うメリットはありますね。

息がしづらいというデメリットはあります。

普通のマスクですら、ドラッグストアなどでは売り切れ状態になりますので、ネットで売っていたらラッキーですね!

 



-新型肺炎コロナウイルス関連
-,

Copyright© 子供に尽くしすぎて毎月お小遣いが底をつく3児の父親のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.