新型肺炎コロナウイルス関連 速報

東京マラソン2020の参加費は返金されない?コロナウイルス対策で中止の対応も調査!

投稿日:

こんにちは。サトパパです。

2020年3月1日に開催される「東京マラソン2020」ですが、コロナウイルスの影響で一般参加の中止が発表されました!!

参加する予定だった方は、この日のためにトレーニングもしてきたはずなので、非常に残念ですよね。

気になるのが参加費が返金されないという話です。

この記事では、

  • 東京マラソン2020がコロナウイルスの影響で一般参加中止!参加費用はどうなる?
  • 東京マラソン2020の一般参加中止で参加予定者への対応は?

と書いていこうと思います。

東京マラソン2020がコロナウイルスの影響で一般参加中止!参加費用はどうなる?

もう大会まで2週間をきっていて、思いきった発表ではありましたが、想像以上にコロナウイルスが拡大しているので、私は賛成です。

新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、東京都内で3月1日に開かれる東京マラソンの主催財団は17日、一般参加者の出場を取りやめ、エリート選手のみで実施すると発表した

毎日新聞より引用

ただ、あくまでも一般参加の中止であって大会自体はありますので、大会は楽しめますね!

気になる参加費用ですが、返金はありません!!

といっても、大規模なマラソン大会経験者なら、普通のことのようですね!

大会公式HPの規約にも載っていますから、参加予定だった方は理解しているのでしょう!

1) エントリー規約に定める理由による大会中止の場合を除き、参加料の返金は行いません。

2) 本大会は国内の関連するすべての法令を遵守し、実施されるものとします。

3) 参加申し込みにあたっては、各規約に同意する必要があります。

4) 大会参加に際しては十分にトレーニングし、事前に健康診断を受診するなど体調には万全の配慮をした上で参加してください。

5) 参加者の欠員が出た場合には、ONE TOKYOプレミアムメンバーを対象に追加抽選を行うことがあります。

6) この募集要項は、東京マラソン2020のものです。

東京マラソン2020公式サイトより引用 https://www.marathon.tokyo/participants/guideline/

ただ、返金はありませんが、優遇措置として、来年度の参加は確定するようです!

東京マラソン2020の一般参加中止で参加予定者は2021の出場権が確定?費用は?

参加費用は返却なしとなりますが、実はランナーが気にしているのが、来年度の出場権はあるのか、ということです。

結果としては、2021年の出走権はもらえるようです!!

特例として来年大会の出走権を与えるが、来年エントリーする場合は別途参加料が必要となる。東京マラソンの参加料は国内が1万6200円、海外が1万8200円。 

ただ、「んっっ????!!!」

別途参加料が必要???

https://twitter.com/Nido_di_riccio/status/1229370643344314368?s=19

まじかー!!

高倍率の抽選という難関がクリアされるのは、とても有難いことですが、また料金払わければならないんですね。。。

これはどうなんでしょうね。

なかなかイカつい判断です。笑

東京マラソン2021の抽選は高倍率になる?!

今回、一般参加予定だった方が中止のため、来年度2021の出場権をもらえることはわかりました。

ということは、通常時よりも参加枠は少なくなり、抽選が高倍率になることは予想がつきますね。

一般参加枠がどこまであるのか、わかり次第、追記していきますね!

まとめ

今回は、コロナウイルスの影響で3月1日に行われる「東京マラソン2020」の一般参加が中止になり、返金について書いてきました。

まとめると、

  • 参加費の返金はなし
  • 返金がない代わりに2021年は参加確定
  • 2021年に参加する場合はまた参加費が必要
  • 2021年の倍率は高倍率になる

となります。

参加費の返金がないのは規約にも書いていますが、来年参加する際にはまた別途費用がかかるのは、辛いですね。

かなり批判がありますので、今後の対応に変化があれば追記していきますね!



-新型肺炎コロナウイルス関連, 速報
-,

Copyright© 子供に尽くしすぎて毎月お小遣いが底をつく3児の父親のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.