速報

台風15号2019の米軍進路情報に気象庁の予想図は?大きさや雨量も調査!

投稿日:

こんにちは。サトパパです。

2019年9月5日の15時ごろに台風15号(ファクサイ)が発生しました。

9月8日(日)~9月9(月)にかけて本州に接近し、東日本を中心に影響がでそうです。

その台風15号について今回は、

  • 台風15号ファクサイ2019気象庁の気象庁の最新進路予想
  • 台風15号の米軍(JWTC)の進路情報や予想は?

と書いていこうと思います。

台風15号ファクサイ2019気象庁の最新進路予想

【9月6日時点での状況です。】

台風14号も発生していますが、一番日本に影響があるのは、今回の15号でしょう!

現在の気象庁からでている予想進路はこちらになります。

tenki.jpより引用

うーん。このままいくと本州から上にかなりの影響がでそうです。

台風は日本付近に近づくと縁に沿って進む傾向があるそうです。

tenki.jpより引用

日本列島に雨や風など、台風本体の影響が及ぶのは8日(日)から9日(月)にかけてと予想されますが、

接近する前から台風周辺の高い波がうねりとなって日本付近に達するおそれがあります。

特に、小笠原諸島や伊豆諸島、さらに東日本・西日本の太平洋沿岸では、

台風が接近する前から波が高くなることが十分に考えられますので、前もって注意するようにしてください。

tenki.jpより引用

台風15号ファクサイ最新の大きさや雨量

  • 中心の気圧は1002ヘクトパスカル
  • 最大風速18メートル
  • 1時間におよそ20kmの速さで北西に進んでいる
  • 波の高さ予想は4メートル

といった状況になります。

最新の進路情報などは随時更新していきますね!

台風15号の米軍(JWTC)の進路情報や予想は?

アメリカ米軍の進路予想はこちらになります。

(注)時刻の表記が協定世界時(z部分)となり、日本時間に直す場合は+9時間になります。

例として、06/6z⇒6日の15時と考えてくださいね。

そして、この予想を見る限り米軍進路予想で台風15号は、

9月8日の3時に関東地方に上陸する予想となっています!!

進路は変わりやすいですが、少し左にそれたとしても近畿圏に直撃します!

9月6日時点では、上陸の確率は高いといえますね。

まとめ

今回は2019年9月5日に発生した台風15号ファクサイについて、進路予想を書いてきました。

現在の進路予想では、9月8日の15時ごろに関東地方に上陸する可能性が高くなっています。

勢力も拡大する可能性もありますし、温帯低気圧になる可能性もあるので、今後の動きに注意が必要です。

また最新情報入り次第、更新していきますね!



-速報
-,

Copyright© 子供に尽くしすぎて毎月お小遣いが底をつく3児の父親のブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.